http://www.st-architect.com
何のために木を使うの?

ちょっと言いにくい事も書きます。製材屋さんや林業関係のNPO団体が近くにいるので「建築界では林業に関してこんな記事が出てますよ」と見せると、大抵は全然違うと言われます。はっきり言って何があっているのか分からないのが正直な印象です。ただ先日皆伐された某山の土砂崩れの映像を見たとき衝撃でした。土砂崩れの上の方から今まさに足元が崩れていくのを映像に収めた、、、のも凄いですが。ちなみに、、、なぜ土砂崩れが起こるのか?山を削って大きな道を作らないといけない。なぜ大きな道なの?大きな道にしないと大きな機械が山に入らない。なぜ大きな機械?大きな機械を使って大規模に伐採してほしいと要請があるし、大規模に伐採すれば補助金が多くもらえる。なんで補助金を払ってまで木を切るの?公共建築に木を使うのを勧めているし、もっと木を使う事を日本の雇用を考える求められているから。建築に大々的に木を使うことは、ある意味で水戸黄門の印籠みたいになっていて「木を使う=素晴らしい」となっていて、使っている建築家は「私は地球環境に貢献している」と思っているけど、皮肉なのは地球環境に配慮している建築家が山を壊している事実。しかもそれを知らないし、知らされていないからある意味で建築家も被害者の1人かもしれないけど。もっと山や山林所有者の事情、取り巻く環境を建築界は知らないとマズイんじゃないかと改めて思った一日でした。


あと今日の講演でなるほどと思ったのは、昨今の中規模建築への木材利活用やCLT推進は1950年代の鉄筋コンクリートのプレキャスト化の流れと同じという心配。技術ばかりが推進されてお金のかかる技術になっていると言う事。高度成長期の労務費高騰と住宅難からプレキャストが推進されたけど、その後のオイルショックによる社会情勢変化で労務費が下落し、結局場所打ちコンクリートになったというのを聞くと、、、たしかに。

いま考えている事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.st-architect.com/trackback/219
<< NEW | TOP | OLD>>