http://www.st-architect.com
2015/9/30
昨日はいま設計をしている田端の住宅で、現在建っている家の中に入らせて頂いて中から外を見るという貴重な機会。周囲は高層の集合住宅やオフィスに囲まれている敷地で、周囲からの視線が気になると思っていましたが、周囲の集合住宅やオフィスは全てカーテンやブラインドを常に閉めている状況。視線に関して心配をしていましたが、クライアントの話すようにそこまで気にならないの事が共有できました。誰が購入するか分からないがゆえに標準的な窓を作り結局はカーテンやブラインドを閉める状況を生み出している矛盾、クライアントの感じている事を現地で共有する事で開いても大丈夫そうだ・・・という固有の解が生み出される事を実感する現地見学でした。
今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.st-architect.com/trackback/200
<< NEW | TOP | OLD>>