http://www.st-architect.com
腰掛けたくなるデザイン
今日は友人である富永大毅建築都市計画事務所の富永氏が設計したコワーキングを見せてもらいました。

つい先日まで隈事務所でバリバリとやっていた勢いそのままに、細かな部分までこだわりを追求する姿勢
(そして結構な範囲を自分で施工してしまったところ!)にとても好感でした。
どうしても細かなデザインというのは、1人よがりにこだわってしまうケースがよく見受けられるのに、
彼のこだわりは全てにおいて「人と人」、「人と街」が交流するために作られており、
一緒に内覧した2歳の娘も楽しそうに腰掛けていました。なんか腰掛けたくなるって大切ですね。


今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>