http://www.st-architect.com
家が出来上がるまでのストーリー
今日は先月引渡をした代官山のお宅にご訪問。「引越しって大変ですよね」というお話から徐々に家具を取り揃えているというお話を伺いました。娘さんはもう家の中を運動会状態で走っていて・・・楽しそうでよかったです。ところでHPの物件写真の下に「家が出来上がるまでのストーリー」をまとめたPDFをアップしました。お客様からの要望事項から僕らが考えた事、さらには途中経過の時の模型など(最初からずっと同じでなくて結構途中でデザインが変わるんです)をまとめているので、建物作りが時系列で少しでも追体験できるかと思います。よかったらご覧ください。





JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン
今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
研修所とは?
首都大2年生の2つ目の課題が始まりました。多摩センターの多摩中央公園に研修・宿泊施設を設計する課題です。学生さんにとってはなじみが薄いのか「研修って・・・何?」という話になります。研修自体は色々な内容の研修があるので、ある特定の企業の特定の研修を想定して建物をデザインする方法もありますが、むしろ研修をさせたい側(企業なり経営者側)が研修をさせる意味を考えた方が良いと思いました。知識や情報を与えるのであれば個別に資料を読ませる、勉強を1人でさせるれば良いと思います。今回はまとまった人数を1つの建物に集めて研修をすると考えると、「ある人数が集まった事で生まれる状況」「1人で勉強するのでなく宿泊してまで研修する」など実際に研修している時間よりも研修の前後の時間の方が意外と重要な気がしています。そこを考えてだからこその建築デザインを生み出してもらいと思います。


JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン
今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
サードプレイスからファーストプレイスへ
最近仕事で池尻大橋に良く足を運んでます。訪問するたびに不思議な街で、目黒区なのに目黒区らしくなく、渋谷と言われてもしっくり来なく、三軒茶屋の延長とも思えない・・・という街です。池尻大橋のあるスターバックスは「家のようなスターバックス」をコンセプトとして、既存店にはない落ち着いた雰囲気で更に滞在時間を延ばしている店でした。もうサードプレイスというよりもファーストプレイスにちょっとだけスライドされているような気がします。きっと代官山や中目黒にあると非日常を楽しみに来ているので「なんで家?」となりますが、その辺が池尻大橋だとしっくりくるのかもしれないですね。





JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン
今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
2015/10/5
 今日から母校の首都大学東京での設計授業が始まりました。ちょこちょこと行ってはいますが多くの学生がいる時間に行くのは久しぶり。12年も経過しているのに全然月日が過ぎた感じがしないのは学校の不思議な所ですね。学生の時よりも学びたい意欲が高まっているので、教えるだけでなく良い機会なので勉強もしたいと思います。JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン
今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
2015/9/30
昨日はいま設計をしている田端の住宅で、現在建っている家の中に入らせて頂いて中から外を見るという貴重な機会。周囲は高層の集合住宅やオフィスに囲まれている敷地で、周囲からの視線が気になると思っていましたが、周囲の集合住宅やオフィスは全てカーテンやブラインドを常に閉めている状況。視線に関して心配をしていましたが、クライアントの話すようにそこまで気にならないの事が共有できました。誰が購入するか分からないがゆえに標準的な窓を作り結局はカーテンやブラインドを閉める状況を生み出している矛盾、クライアントの感じている事を現地で共有する事で開いても大丈夫そうだ・・・という固有の解が生み出される事を実感する現地見学でした。
今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
2015/9/27
 2泊3日の瀬戸内旅行から帰京。短い時間でしたが充実の3日間でした。コンペの敷地見学も早々に15年ぶりとなる直島と豊島訪問。豊島美術館は久々に建築を見て鳥肌が立つほど。以前シカゴにあるミースのファンズワース邸を見たときも鳥肌が立ち「動けなくなる」というよりも「動きたくなくなる」もっと言うと「一瞬も目を離したくない。。。」そんな「美しさ」と同じ質を感じました。アートと建築と自然の素晴らしい関係があるんですね。オスカーニーマイヤーの建築のような「建築の仕事をしていない人でも好き」になるような「建築の可能性」と、「そんな建築を好き」と言ってくれる人に出会えとても勇気付けられた、そんな旅行でした。
続きを読む >>
今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
2015/9/25
今日は日大の船橋校舎で1年生の授業。最初の設計課題でまだ慣れていないが、その分真剣に話を聞くのが好感。でも2年生になると擦れてきてしまう。休み時間に事務所連絡を取り合い、進行中に物件の打ち合わせ。16時半に授業を終え、途中で娘をピックアップしてそのまま羽田空港に直行。若手建築家がこぞって参加するコンペの敷地見学を遅まきながらするために高松入り。そういえば22歳くらいの時以来なので15年ぶり。授業と移動の一日でした。

 JUGEMテーマ:建築・設計・デザイン
今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
2015/09/24
今日は都内某所にて10月初旬の着工に向けて最終的な打ち合わせ。素材や家具の高さなど実物サンプルや実際の大きさにプリントアウトした図面で詳細に確認して頂きました。図面で見て違和感ない物が実際の大きさにすると案外、違和感を感じる事があるんです。午後は事務所に戻り、某海外アワードのファイナリストに残ったので、2次用のプレゼンテーションボードを作成。28日に提出ですがチェック出来るのは今日のみなので、重要な部分は決めて後はアシスタントに託す。任せたよ。自宅に変えると大量の新建築が郵送で届いておりパラパラと中を見ながら、明日の出張の準備しなきゃな1日でした。
今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
国内組と海外組
今日は母校である首都大学東京の卒業設計の打ち合わせ。今年からOB審査員の幹事を引き受けてます。今年から審査員を刷新すべくテーマを設ける予定です。特に注力しているテーマとしては海外で活動しているOBの登用。国内の衰退基調とは異なるデザインの可能性がある新興国で活躍するOBに審査に加わってもらうことで、新しい視点、学生にとっての多様な選択肢を提供したいと思ってます。なんだこんな選択肢あるんだなーと見つけ出して、海外に直接出てくれるなどしてくれればと思ってます。

今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
日常の充実
今日はコンペメンバーが集まったので、少し遅めの新年会。新しく取り組もうとしている話から、それぞれの今かんがえている事など遠慮なく言いあえるのは、とてもいい環境です。終始、話題の中心になったのは女性が働く場としてデザイン業界はどうか?という話。今後の労働人口の減少を考えると女性が働くのは当たり前の状況ですが、この業界がその流れに果たしてフィットできているか?十数年働いていて感じるのは、住まいを原点とする建築は女性的な視点が非常に有効な業界ではあるけど、制度や仕事をさせる側の体制がまだまだ改善の余地があるという点。今後必要な事は「機械には出来なく、人間にしか出来ないことをどうつくるか?」ですが、それを実現しつつどうそれぞれの日常の充実を図るか…難しいテーマだけど取り組まないといけないと考える新年会でした。
今日の出来事 comments(0) trackbacks(0)
| 1/12 | >>